スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.01.18 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

カッパのお酒

JUGEMテーマ:合唱
JUGEMテーマ:オペラ
memo25
 学ぶことがたくさんある。
それは人それぞれだと思うけど。

命は大切。
とうといもの。
それはもうずっと人間の生涯の中で何度も何度も語られ、叫ばれてきた。

カッパの子は、その尊い命をかけて
母の病を治そうとした。
それは愛だと人は言う。

無償の、何も見返りも求めない愛。
それは美しく人の目に映るだろう。

だけど、命ははかなかった。
母の命も、カッパの子の小さな命も、あっけないほど簡単にうしなわれてしまった。

それの意味するところは、何だろう。

命をもてあそんだじじさんのあくどさを語ったわけでない
身を犠牲にしたカッパの子供の美しさを語ったわけでない
母の幕切れのあっけなさや ナマズのお医者さんの愚かさを語ったわけでない

まして
命は尊いものである
大事にしよう
なんて、
簡単な言葉で語られたわけでない

議論や考証で得られる何かが、伝えたかったわけでない
人の心にじわじわと広がってゆく感情が、
それぞれにあるだろう。
考えて感じて、言葉や文字にしなくても、心に染みた何かが、
その人の糧になる。

カッパの子供の物語は、
そうやってあたたかな、あるいは冷たい何かを
確かに人の心に落としてゆくだろう。

願わくは、虹の彼方へむかう金の船に乗って、
カッパの子が天国で母と再会たもうこと

スポンサーサイト

  • 2016.01.18 Monday
  • -
  • 22:54
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
かつて、じいさんを演じたことがある者です。
当時(中学生でした)を思い出し、大変懐かしく拝見させて頂きました。

おれはじいさんさかなとり
おれはじいさんさかなとり
さかなとりならまけぬわい
まちにかついでうりますよ
おさかなーおさかなー
おさかなおさかないかがでしょう
おかねができたらこのとおり
おさけをたんとかいこんで
こんやのたのしみというもんさ
こんやのたのしみというもんさ

当時先生から、酒飲みの所作について演技指導受けました。曰く「口を拭う時は手の甲ではなく手のひら」。今ではそれを地でいくオッサンになってしまいましたが、、、。

>議論や考証で得られる何かが、伝えたかったわけでない
>人の心にじわじわと広がってゆく感情が、
>それぞれにあるだろう。
>考えて感じて、言葉や文字にしなくても、心に染みた何かが、
>その人の糧になる。

同感です。

素敵な作品に出会えた事と、その事を二十数年ぶりに思いださせて頂いた事に、感謝いたします。
  • たむきう
  • 2012/12/24 9:55 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

ランキング参加

人気ブログランキングへ

ポチっと

ゆらゆら書庫

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM