スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.01.18 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

とべ、フジミ

JUGEMテーマ:児童文学




どきん、とした。
あいつね、死なないって、いばってるけど、
死なないのは、いま、すでに生きていないからってことじゃないの?

あいつは、かべに、ただぶらさがって、なにもしないで平気でいる。
それは、あいつが死なないことをしってるから平気でそうしていられるのかなあ。

あたしたちは、なにかしなければならないけど、
それは、あたしたちが死んでしまうからなのかなあ。

いったい、あいつは生き物なの?
あいつが、しゃべったり息をしたりしているからって、
それで生き物といっていいの?

(『クレヨン王国の赤トンボ』 著・福永令三より)





息をして、歩いて、働いて
泣いたり、笑ったり、
怒ったり、哀しんだり、
そんな毎日がいとおしく思えるのは、
その一瞬一瞬が、クレヨン王国なんだ。

キラキラ光って、
輝いて
誰にも負けない
誰とも比べられないような
色とりどりの一瞬を、
誰もが生きている

物語の中のクレヨン王国は
ここから生まれた

ここに生まれる

昨日までの私たちに
今日の私に
明日からの
すべての人に


そう語りかけられてる気がする。












スポンサーサイト

  • 2016.01.18 Monday
  • -
  • 23:27
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

ランキング参加

人気ブログランキングへ

ポチっと

ゆらゆら書庫

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM