スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.01.18 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

出会えた幸せ

JUGEMテーマ:児童文学



時間は、万人に同じ顔をしてみせつが、じつは、まったく個人的なものなのだ。

一さつの本にしても、読む年代によって、うける感じはかわってくる。
あせることはない。あわてることもない。

必要なものは、そのときになって、用意される。
できたてのゆげをたてているものをたべよう。
ゆうべから、食卓にならべてあったものじゃなくて。
それが、いい人生なのではないか。

(『クレヨン王国 夢のアルバム』
著・福永令三
あとがきにかえてより)




であえたことに感謝して、
あせったり、後悔するのをやめよう
今が幸せであるように
振り返った未来に
笑顔でいられるように。

昨日の出会いや
明日のわかれ
今日の驚きや
いつかのよろこびが

かなしみや苦しさもすべて乗り越える力になるように

目の前のできごとを
いっぱいいっぱいに受け止めて
心を大きくして
全身で感じて

次の一歩にしてゆこう

クレヨン王国との出会いが
わたしに力をくれたように

この世界にあふれる鮮やかな色彩と
感動の力に
ふたたびたちあがれるように




 


先生の物語も言葉も、
触れるたびにたくさんの色彩にあふれている。
そんな気がする。
文章を読んでいるときに、言葉のひとつひとつが胸にしみて
じわっじわっと
何の色もなかったところに
鮮やかに輝いてゆくような、
そんな気がする。

読み終わったとき、
たくさんの色が、五感を通じて飛び込んでくる。

それは、目に見えているものだけでなくて、
肌で感じる風の冷たさとか、
花の香りや鳥の鳴き声だったりする。

ああ、
ゆたかというのはこういうことだ

そう思う。



私の心も、体も豊かにしてあたたかくつつんでくれる。
そんなクレヨン王国に出会えたことが、
とても幸せだと思う。

だから、今日も一冊。
かばんの中に忍ばせて、出かける。

読めない時もあるけど、
お守りみたいに、
私を励ましてくれる。

ありがとう。






スポンサーサイト

  • 2016.01.18 Monday
  • -
  • 14:22
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

ランキング参加

人気ブログランキングへ

ポチっと

ゆらゆら書庫

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM